• ホーム
  • 現在用いられているエイズの治療方法で完治できる可能性はどのくらい?

現在用いられているエイズの治療方法で完治できる可能性はどのくらい?

2020年07月29日

感染してしまうと治療することが困難だということで有名なエイズですが、この病気を完治することができるかどうか気になる人は多いと言えます。結論から言いますと、現在医療現場で採用されている治療方法ではエイズを完治させることができません。どのくらいの確率で完治することができるのか知りたい人は多いものですが、残念ながらこの感染症の病気そのものを完治させることは不可能だと知っておきましょう。ただし、エイズの原因であるHIVウイルスに感染してしまったときに早い段階で治療を開始することができれば、エイズまで症状を進行させることがなかったり、病気の進行を食い止めやすくなったりすることがあります。今現在の医療技術ではエイズを完治できる治療方法が開発されていませんが、病気の進行を止めることができる場合もあるので治療を続けることはとても大切です。

HIVウイルスに感染したときやエイズを発症したときは、基本的に病気が進行しないような治療が行われるので、完治を目的としているわけではありません。病原ウイルスを体内から排除してHIVウイルスをなくすことはできませんが、医師が提案した治療方法で治療を進めることによってHIVやエイズの症状が緩和される可能性があります。医療技術が進歩する前は病気を食い止めることができずに、免疫力の低下が原因で様々な病気になって亡くなってしまう人も多かったのですが、現在はHIVやエイズになっても他の人と同じ寿命くらいまで長生きできる人が増えているほどです。完治はできませんが他の人と同じくらい長生きすることは可能なので、医師の指示に従って治療を続けていくようにしてください。

家族や自分がHIVウイルスに感染してしまったときは、どのような治療方法であれば完治できるのかということが気になる人が多いはずですが、現時点では完治できる治療方法はないということを理解して、病気の進行を抑えるような治療方法を行っていくことが大切です。完治できないと聞くと治療を諦めてしまう人もいますが、医療技術の進歩によって感染していない人と同じほど長生きすることができるようになっているので、まずはしっかりと治療を進めるようにしてください。医師から病気の進行を食い止める治療法だと聞いたときに完治する治療方法にしてくださいと頼む人もいますが、現状では不可能であることを知って、現在行うことができる最善の方法でエイズの治療を進めるようにしなければならないでしょう。